works

通勤・通学シーンにいつもある広告。 それこそが最適なフリークエンシーにつながる。

オリックスグループ / 企業広告
通勤・通学シーンにいつもある広告。 それこそが最適なフリークエンシーにつながる。

1日あたり延べ約724万人もの人が東京メトロを利用しているのをあなたはご存知ですか?
その利用者の中心となっているビジネスパーソンや学生の行動導線上で見られるのが駅看板。金融のイメージが強い「オリックスグループ」は、「農業」「高齢者向け住宅の運営」「航空機リース」といった幅広い事業の認知を図るために「Do you know ORIX?」をキーワードとした企業広告を東京メトロの複数の駅で実施しました。イベントやスポット広告のような短期間に露出を集中する展開とは異なり、昼夜を問わず多くの生活者の行動導線上に反復訴求ができる駅看板は、企業広告においてじっくりと事業の認知やブランドの浸透を図るために最適なメディアかもしれません。

data

keyword
area
client オリックスグループ
project 企業広告
term 継続中