news

news

2020TDM推進プロジェクトへ参加

株式会社弘亜社(本社:東京都中央区銀座、代表取締役社長:大村寿一郎)は、2019年8月、東京都、国、東京2020組織委員会が事務局となり発足しました「2020TDM推進プロジェクト」に参加致しました。
「2020TDM推進プロジェクト」は、東京オリンピック大会時の交通混雑緩和を目指すプロジェクトです。

共同宣言

・東京 2020 大会は、世界有数の成熟都市で開催され、大会の成功には、円滑な大会輸送の実現と経済活動の維持との両立が必要不可欠である。この実現に向け、東京都、国、東京 2020 組織委員会ならびに、経済界等が一体となり、交通需要マネジメント(TDM)を強力に推進していく。

・東京都、国、東京 2020 組織委員会は、大会時の混雑情報の提供や、気運醸成などに努めるとともに、業界団体等の参画を呼びかけ、TDM推進の輪を広げていく。

・経済界は、より多くの企業が、大会期間中における事業を継続させるための計画づくりと実施が図られるよう、情報発信やセミナーなどの啓発活動に努める。

・「2020TDM推進プロジェクト」は、大会期間中の交通量の低減に向け、人の流れについては雇用主に、物流面での工夫は、荷主の理解と行動を求めるなど、企業や市民が共にTDMを進めることができるよう、活動を拡げていく。

・この活動により、働き方や物流における、商慣習や流通の改善に向けた相互理解や、市民の協力が得られやすい環境づくりなどを図ることで大会を成功に導き、新しい交通のあり方をレガシーとして残していく。

2020推進プロジェクト公式WEBサイト